HOME > 環境への取り組み

環境への取り組み

金沢機工SDGs宣言

SDGsカラーホイール

金沢機工株式会社は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

当社は2003年にKES環境マネジメントシステムの認証を取得し、省資源・省エネルギー・環境改善活動に取り組んで参りました。さらに2018年には環境マネジメントシステムステップ2SRの認定を取得しCSR活動にも積極的に取り組んでおります。

これまでのKESの活動をベースにさらに発展させるべく「SDGs」に挑戦します。2015年に国連において採択された“2030年までの持続可能な開発目標”「SDGs」が人類共通の重要課題であることを認識し、環境負荷の低減や社会の繁栄への活動を通じて、世界の持続的な発展への貢献が出来るよう努力して参ります。

金沢機工株式会社
代表取締役    井上 英一郎

現在、当社が取組んでいる事例は以下のとおりです。

目標 取組事例
SDGs貧困をなくそうアイコン  
SDGs飢餓をゼロにアイコン  
SDGsすべての人に健康と福祉をアイコン  
SDGs質の高い教育をみんなにアイコン
  • インターンシップ
  • 職場体験
SDGsジェンダー平等を実現しようアイコン
  • 男女共同参画
  • 次世代育成支援対策推進
  • 女性活躍推進
  • 障がい者雇用の法的基準達成
SDGs安全な水とトイレを世界中にアイコン  
SDGsエネルギーをみんなにそしてクリーンにアイコン
  • 太陽光発電施設設置
SDGs働きがいも経済成長もアイコン
  • 男女共同参画
  • 次世代育成支援対策推進
  • やりがいをもって働くことができる職場環境づくり
  • 働き方改革への取組・健康経営の取組
SDGs産業と技術革新の基盤をつくろうアイコン  
目標 取組事例
SDGs人や国の不平等をなくそうアイコン
  • 定年後の再雇用、女性職員の活用(能力発揮)
  • 障がい者雇用の促進
  • 性別差別をなくし人間尊重の職場づくり
  • ワークライフバランス
  • 働きやすい環境職場づくり
  • 仕事と生活(育児・介護)の両立支援体制の構築
SDGs住み続けられるまちづくりをアイコン
  • 社屋周辺の清掃(クリーン作戦)
  • 地域行事への応援・参加
  • グリーンカーテンの実施
SDGsつくる責任、つかう責任アイコン
  • 廃棄物の発生抑制・削減・再生利用
  • 省エネ化
SDGs気候変動に具体的な対策をアイコン
  • 環境マネジメントシステムの導入
  • 環境配慮型商品の販売
SDGs海の豊かさを守ろうアイコン  
SDGs陸の豊かさも守ろうアイコン  
SDGs平和と公正をすべての人にアイコン  
SDGsパートナーシップで目標を達成しようアイコン
  • 地域ボランティア活動への参加
  • 県・金沢市・企業等との連携

ページの先頭へ

環境活動

地球環境の保全が21世紀共通の課題であるとの観点に立ち、2002年11月、「人」と「自然」の調和を理念に、KES環境マネジメントシステム ステップ2の認証取得を目指し準備を進めました。

2003年1月にキックオフ宣言、4月に環境改善項目の目標を定め環境負荷低減の活動をスタート。

2003年9月、KES環境マネジメントシステムステップ2の認証を取得、継続して省エネルギー、省資源、廃棄物の分別、リサイクル率の向上など、環境マネジメント活動に取り組んでいます。

KES環境マネジメントシステムとは・・・
Kyoto=京都
Environmental Management System=環境マネジメントシステム
Standard=スタンダード
の頭文字を取った略号。
京都議定書の発祥地、京都から発信された
「環境マネジメントシステム」の企画です。
>>>KES環境マネジメントシステム詳細へ

ページの先頭へ

SR・環境宣言

基本理念

金沢機工株式会社は、「持続可能な発展への貢献を最大化」することが人類共通の最重要課題であることを認識し、全組織を挙げてSR活動の向上とともに環境負荷の低減及び環境保護に努力します。

方針

金沢機工株式会社は、機械及び機械工具専門商社としての事業活動全てにおいて、SR活動の向上・環境影響を改善するために、次の方針に基づきSR・環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。

  1. 当社の活動、製品及びサービスに係わる「持続可能な発展への貢献を最大化」することを常に認識し、SR活動の向上並びに環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、SR・環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。
    なお環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護などを含みます。
  2. 当社の活動、製品及びサービスに係わるSR・環境マネジメント活動に関して適用される法的及びその他の要求事項を順守します。
  3. 当社の活動、製品及びサービスに係わるSR・環境影響のうち、以下の項目をSR・環境管理重点テーマとして取り組みます。
    • (1)電力使用量の削減
    • (2)コピー用紙使用量の削減
    • (3)車両の燃費向上
    • (4)コミュニティへの参画
    • (5)環境優良商品の普及活動
    • (6)事業所及び周辺の清掃等活動
    • (7)労働条件及び社会的保護の改善
    • (8)生物多様性に基づく緑化活動
  4. 一人ひとりがSR活動の向上とともに環境負荷の低減及び環境保護活動を積極的に実践できるように、このSR・環境宣言を組織の全員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。
  5. 石川県及び金沢市が定める環境条例または環境活動方針に基づき、地域のSR・環境改善活動に積極的に参画します。

上記の方針達成のために、SR課題・環境改善目標を設定するとともに、定期的に見直し、SR・環境マネジメント活動を推進します。

制定日 2018年4月1日

金沢機工株式会社
代表取締役    井上 英一郎


ページの先頭へ