HOME > 炭化装置

炭化装置 捨てるから活かすへ。廃棄物が地球を活性化させる!
SDGsロゴ

金沢機工がご提案する
ゼロ・ウェイストへの環境づくり

炭化装置について

炭化とは

  • 有機物を熱分解させる事で炭にすることです。
  • 燃焼処理と異なり二酸化炭素の排出が少なく排出削減に貢献できる上、処理物の容量が元の量の1/3~1/4程度に減ります。
  • 炭化により発生したバイオマスは燃料や自然堆肥などの有機性の資源として利用でき、副産物である炭は有価物として利用可能です。
炭化図

炭化装置の特徴

  • 炭化収率が高い(灰の発生が低い)
  • 発生する炭の状態が良質(原料形状を保持)
  • 用途に応じての製品ラインナップが豊富でカスタマイズも可能
  • 自動制御が可能で操作性に優れる
  • 稼働中の煙が少ない
  • 廃熱利用が可能

ページの先頭へ

製品紹介

連続式炭化装置

連続式炭化装置写真
連続式炭化装置図

  • 短時間で大容量の廃棄物を連続して処理することができます。
  • 高水分の原料も炭化可能です。

【仕様】

全型式共通

加熱方式 内熱式 / 外熱式
原料 籾殻、間伐材等、形状均一の乾燥バイオマス(含水率15%以下)など
燃料 灯油、軽油、重油、LPガス、都市ガス、乾燥バイオマス(ペレット、木材チップ、薪など)

型式別

型式 MES50 MES200 MES500 MES1000
処理量[kg/h]
※もみ殻(比重0.1)換算
50 200 500 1,000
総動力[kW](200V-3相)
※参考値
7-15 15-25 25-30 40-50
設置面積[m]
※参考値
6×8 10×12 10×20 15×45

単式炭化装置

単式炭化装置写真
単式炭化装置写真

  • 熱源の燃焼効率がよく、熱エネルギーを回収・利用するサーマルリサイクルが可能です。
  • 煙がほとんど発生しません。
  • 幅広い原料サイズに対応します。
  • 4t~10t車で輸送できます。
  • シンプルな構造になっています。
  • 手動制御、自動運転どちらも対応しています。

【仕様】

全型式共通

炭化方式 外熱
原料 伐採木、竹などの比較的大きいもの(推奨)
燃料 木質系燃料、灯油、軽油、 LP ガス、都市ガスなど
動力 オプションにより異なります

型式別

型式 ECO200 ECO1000 ECO5000
推奨原料サイズ[mm] 幅 50 × 長さ 500 以下 幅 100 × 長さ 700 以下
重量[t] 1 2.5 6
炭化炉容積[ℓ] 200 1,000 5,000
装置サイズ[m] 幅 1.3
奥行 2.3
高さ 1.45
幅 1.5
奥行 3.15
高さ 1.85
幅 2.25
奥行 6.25
高さ 2.1

この他にカスタマイズしたECO200Dもございます。

ECO200D仕様書を見る[PDF]

※上記仕様書は一例です。お客様のご要望によりカスタマイズが入ります。

ページの先頭へ

事例紹介

和菓子メーカー 様

炭化物用途 土壌改良材、肥料
処理対象物 ①脱水汚泥
②製品残渣
処理量 ①20kg / h
②50kg / 回
和菓子メーカー様炭化装置設置事例写真

獣肉処理施設 様

炭化物用途 土壌改良材、肥料
処理対象物 いのしし残渣
処理量 20kg / バッチ
獣肉処理施設様炭化装置設置事例写真

下水浄化センター 様

処理方法 ①乾燥
②炭化
原料 下水汚泥
処理量 ①170kg / h
②36kg / h
写真準備中

農業組合1 様

処理方法 ①乾燥
②炭化
原料 レタス残渣
処理量 ①625kg / h
②49kg / h
農業組合様炭化装置設置事例写真

農業組合2 様

処理方法 乾燥炭化
原料 柿残渣
処理量 100kg / h
農業組合様炭化装置設置事例写真

養鶏場 様

処理方法 炭化
原料 乾燥鶏糞
処理量 1000kg / h
養鶏場様炭化装置設置事例写真


ページの先頭へ